毛穴の黒ずみ予防に必要なのは「守る」こと

毛穴の汚れが目立ちやすい人は、毛穴が開いて大きくなっていることが多いです。

 

 

大きくなっているから、そこに皮脂や汚れが溜まりやすく、どんどん溜まるからさらに毛穴が大きくなるという悪循環を起こしていることがあります。
汚れの原因は何かというと、一番はメイク落としが不十分なことによる化粧残りであることが多いので、まずはクレンジングをしっかりすることが有効です。
使用しているファンデーションや、肌質に合ったクレンジングを選び、決められた使用量を守ります。

 

 

湯船につかる、ホットタオルを使用するなどして、毛穴を開かせてからが効果的です。
クレンジングが十分でも、そのクレンジング自体がが毛穴に残ってしまっては、それが黒ずみの原因になってしまうので、クレンジングをしっかり落とすことが大切です。

 

汚れが落ちたら、毛穴を引き締めて汚れを溜まりにくくすることが必要です。

 

 

毛穴を引き締めるために、最後に冷水で洗うという方法が一般的ですが、肌にとっては刺激が強いので、おすすめできません。
専用の収れん化粧水を使うことで、効果的に毛穴を引き締めてくれます。

 

さらに、十分な保湿をすることが重要です。

 

 

肌の水分量が少なくなると、肌の細胞が縮んでしまうことで、毛穴が開いてしまいます。
保湿が足りないことで、肌は余計に皮脂を分泌して、肌を守ろうとします。

 

 

それでは、毛穴を開かせる原因の皮脂汚れを増やしてしまっていることになりかねないのです。
肌を十分保湿し、肌の保湿力が高まることで、肌のキメがふっくらと整い、毛穴が目立ちにくくなります。

 

毛穴に詰まった汚れは、皮脂を抱き込んでいます。毛穴をつまむと白い角栓がでてくるのを経験した人はおおいのではないでしょうか。
本来白い角栓が、黒ずんでしまうのは紫外線の影響が大きいのです。

 

 

白い角栓に紫外線が当たることで、メラニン色素が分泌されてしまいます。そのため角栓そのものが黒くなるのです。
黒ずむことで、余計に毛穴が目立ってしまい、さらに放置すると炎症を起こして、ニキビになることがあります。
効果的な紫外線対策を行うことが、毛穴の黒ずみ予防には必要であるといえるのです。