抗酸化作用のある美白をサポートする成分でメラニンの生成を抑制

紫外線を浴びるとメラニンを生成して肌を守ろうとします。

 

メラニンがたくさん作られるときに抗酸化作用がある成分を摂っておくと、メラニンの生成が抑制されます。シミを防ぐためには抗酸化作用がある成分を摂ることが大切になります。

 

美白によい成分といってまず思い浮かべるのがビタミンCだと思います。ビタミンCは還元作用によってメラニンの生成を抑制します。アセロラ、イチゴ、柑橘類、キウイ、パセリ、ブロッコリーなどに多く含まれています。

 

ビタミンEは若返りビタミンといわれている栄養素です。ビタミンEとビタミンCを一緒に摂ると抗酸化作用が高まります。ビタミンEが多い食品は、かぼちゃ、アボカド、ナッツ、うなぎなどです。油と一緒に摂ると吸収がよくなります。

 

βカロテンは体内で必要なだけビタミンAに変換されます。ビタミンAには健康は皮膚を作ったり抗酸化作用があります。βカロテンが多く含まれる食べものは、ほうれん草やモロヘイヤなどの緑黄色野菜です。ビタミンAは卵黄やうなぎに多く含まれています。

 

美白用の医薬品にも配合されることがある成分がLシステインです。LシステインはビタミンCと協力してメラニンの生成を抑制したり、メラニンを無色化する働きがあります。さらに、肌の生まれ変わりを促してメラニンの排泄を促す作用まであります。Lシステインは大豆、小麦胚芽、はちみつなどに多く含まれています。

 

抗酸化作用に優れた色素がリコピンです。トマトの赤色はリコピンの色です。リコピンはシミを予防するだけでなく、コラーゲンの生成を促進する働きもあります。トマトのリコピンのシミ予防の効果はビタミンEと一緒に摂取すると高まります。トマト以外にはピンクグレープフルーツやスイカにもリコピンが含まれています。

 

アスタキサンチンも赤い色素です。鮭、カニ、いくらなどに含まれています。抗酸化作用が高い成分です。
このように美白をサポートする成分はさまざまあります。組み合わせることで効果が高まるものもあるので、いろいろなものから摂りましょう。